【豆知識】子供のハンコ(銀行印)を作るタイミングについて

【豆知識】子供のハンコ(銀行印)を作るタイミングについて

中高生のお子さんがいる方から子供の銀行印について質問がありました。
「今まで親の銀行印と同一の物を子供の通帳にも使用していたが、本人の銀行印を作った方が良いか?」という内容でした。

そこで、子供の銀行印を作るタイミングについてアンケートを実施したところ、下記4パターンが多い結果となりました。
1)出生時
2)子供の銀行口座を開設する時
3)学校の入学や卒業時
4)誕生日

銀行口座を開設する時は、実印でなくても銀行印のみで対応できます。そのため、親と同じハンコで口座を作ってしまうこともあるようです。ただ将来その口座を子供に引き継ぐ際に、いずれにしても新しく印鑑登録をしなければならなくなります。
ですので作成するタイミングに決まりはありませんが、手間を考慮すると子供の口座開設時には子供用の銀行印を用意するのが得策かと思います。

今の時代デジタル化が加速していますが、子供にはハンコと通帳を目に見える形で渡してお金の大切さや重みを理解できるようになって欲しいなあと私個人としては思います。

次回は子供のハンコ(実印)を作るタイミングについてお話をさせて頂きます。