【ニュース】印友舎の社名の由来について

【ニュース】印友舎の社名の由来について

私にとっては生まれた時から耳にしていた印友舎という社名ですが、由来に関しては今まで聞いたことがありませんでした。。


改めて聞いてみると「ハンコ(印)を彫る職人仲間(友)が一つの建屋(舎)の下で集まって協力しながら仕事をする」という創業者である私の祖父の想いが由来との事でした。


祖父は既に15年以上も前に他界しましたが、親分肌で多少強引な部分もありましたが人情に厚く、非常に面倒見の良い人だったと何となく記憶しています。仲間を大事にする祖父のキャラが社名の由来にも良く表れていて思わず微笑んでしまいました。

そんな祖父には私を含め7人の孫がいて、内1人はグラフィックデザイナーとして活躍をしています。昨年当社のECサイトを開設した際に一新した社名のロゴは彼がデザインしてくれました。「世話になったじいちゃんが立ち上げた会社なので出来る事は協力するよ!」と言って本業の合間に何種類もデザインアイディアを出してくれました。(実は新商品ドアPETAハンコのパッケージデザインも彼が担当しました)

印友舎(印)は商品をお買い上げ下さるお客様、ビジネスパートナーの皆様、従業員、そして関連する様々な人々に支えられて成り立っております(友)。今後も一つ屋根の下(舎)で生活をより効率的にする商品を作れる様に努力し続けたいと改めて強く思いました。